BELKROOT ベルボックス焚火台

焚火ヘビーユーザーが求めた焚火台

薪を割らずに丸ごと入れて焚火を楽しむ。

一人用の軽量焚火台ももちろん楽しいのですが、どうしても、薪割作業がいる。なにもしなくて、ただ、火を見つめたいそんな夜もあります。私などは夜から山に焚火だけをしに行く事があります。もちろん音もたてられないので、薪割りなんて出来ません。1人でも使え3人くらいでも楽しめる、まるまる薪1本投入できる焚火台が欲しい!!からはじまりました。

料理がしやすい薪置きがある焚火台。

焚火台は焚火にすぐれてるタイプも数々あります。ただ、料理ができないタイプも多いです。やっぱり焚火の火で料理したい男心ってありますよね。この、ベルボックスは下からも薪が投入できるようになっております。そのため、五徳にフライパンやスキレットや網など乗せても料理がとてもしやすいんです。

ペレット燃料や炭が使える。

薪以外の燃料としてよく使われるのがペレット燃料です。ペレットってほんと使いやすいですよ。 薪と違い煙が極端に少なく、薪と違い火が飛び散らないので、雨の日や、簡単に焚火したい時など最高です。おまけにコストも薪より安いです。ただ、ほとんどの焚火台がペレットに対応してないのです。どうしても薪とペレットは別物なので、同時に使うのは難しいです。ですので、ベルボックスでは試行錯誤し、ペレットも使用出来るようにしました。

2次燃焼するので煙が少ない。

2次燃焼だけでいいますと、ペレットを使う時は2次燃焼でよく燃えます。とても綺麗な炎がでて、見てるだけでうっとりです。薪使用時はもともと燃焼効率がいいので、そこまで2次燃焼はしないですが、通常よりもよく燃え煙が少ないです。この2次燃焼で空気の循環システムをつくって燃焼効率をよくするために、2層のステンレスでつくっております。これをつくって、実現するのがとても大変でした。

薪で炭になった材料で、調理できる仕様にしてます

残りの炭の火力で調理しますので、焦げ付きなどはおさえる事ができます。そしてそのまま炭壺に捨てて頂くと、いつまで、焚火を楽しめる仕組みになっております。

すぐに焚火を始められる設営が簡単

ここもすごくこだわった所です。通常の2層式の焚火台は細かい組み立て式になっており、15分くらい設営にかかります。このベル箱は、台の上に置いてすぐに焚火をはじめられます。

収納がまとまる

焚火台もバラバラに持ち運ぶのは大変です。この写真のように、全てが収まり持ち運びできます。

芝が燃えない。

せっかくの綺麗な芝は、燃やさないように配慮したいですね。多くのボックス型焚火台は芝が燃えます。ステンレスの板を引いても長時間すれば燃えます。 そのためベル箱は高さをあげ芝が燃えない配慮をして、調理や暖をとるには、丁度いい高さにしております。もちろんスパッタシートをひいて頂いた方が、より安全です。

五徳は厚さ3mmのステンレスでかっこいい

組み立て式になってます 頑丈で曲がる事はありません

塗装はサンドブラスト仕様

マジックテーブルに続き今回もサンドブラスト仕様です。ステンレスにサンドブラストする事で高級な質感がでています。どうせ焼けるから…と悩んだんですが、やっぱり、あり、なしで比べてみるとかっこよさが違いました。

一生使える焚火台を目指して。

この焚火台を設計する時のコンセプトのひとつ、壊れない焚火台です薄くて軽量な焚火台、組み立て式などは使うほど炎で変形したり、組み立ても不可能になっていきます。曲がりが少なくこれから長年愛して頂ける焚火台を目指し、ステンレスの分厚さを内側は1.5mm、外側は1.2mmにしております。重ねてる部分は2.4mmこれはかなり頑丈な分厚さです。各箇所で曲げが入っており、炎による熱さへの耐久もあげております。何年か使った後でも、中古で売れるくらい丈夫な焚火台がコンセプトです。

ベルボックスのデメリット

重たいしコンパクトではない。

かなり頑丈な作りをしております。また、ステンレス厚めの2層になっておりますので、持つとどっしり重たいです。

価格も最高級です。

価格はできるだけお安く届けたいと本当に思っております。ただ、自分が最高に満足する焚火台をつくるという原点を一番大切に思って製作していきました。 お値段は他の焚火台に比べると高価ですが、製造原価から考えますと、販売価格を抑えております。やはりすぐに購入できるお値段ではないので、動画など見て納得して頂き購入して頂ければと思います。喜んで頂ける製品になりました。