ベルチェアー

上質を求める方に、最高級の素材と匠な職人がつくりだす、欲求を満たしてくれる椅子をご提案します。

椅子の特徴

●本物である事

●選び抜かれた素材、ウォールナット

●パーツは真鍮に統一

●選び抜いた生地

●一本の木の曲げ加工にこだわる

●肘掛けのこだわり

●最新AIでのバランス調整

●折り畳み、分解もでき運搬もしやすい

●本物である事

当たり前だけど、当たり前ではない座り心地にこだわる。椅子を製作するにあたり、ここを凄くこだわりました。キャンプだけではなく、家でも使えるコンセプト。かっこい椅子、それは勿論必要なのですが、キャンプの時間一番くつろげる場所が椅子になると思います。

こだわったポイントは、椅子の幅や角度、背もたれの高さや肘掛け、生地の硬さなど。、何度も何度も細かく実験し失敗しての繰り返し。。。そしてようやく多くの方が納得して頂ける座り心地を実現できました。一度座って頂けたらその座り心地を理解して頂けると思います。

●選び抜かれた素材ウォールナット

ウォールナットは、ツヤがあり、美しい木肌から高級家具や、工芸品に使用される木材になります。

ウォールナットの特徴としては、耐久性に優れてて、衝撃に強い、狂いが少ない、触り心地がいいと言われております。ただ、デメリットもあり、価格が高い、色が褪色するなどがありますので、定期的に油などを塗ってあげると、経年劣化を楽しみつつ愛着が湧くと思います。

●パーツは真鍮に統一

真鍮を削り出し、ネジも真鍮を使用しております。

真鍮にする事により、ゴージャスな気分にもなるし、経年劣化も楽しめます。

●選び抜いた生地

革は使用しているとだんだん伸びてきます。そこで裏地に特殊な生地を使用し、伸びにくいようにしております。

帆布生地の方では一般的には生地の分厚さを示すデニールが平均的には800ー1000デニールなのに対して、1600デニールの生地を使用していますので、より重厚感や、耐久性などを感じられると思います。

●一本の木の曲げ木にこだわる

本物を求める上でこの曲げ木が重要でした。最近では安価でできる曲げてる形に木を切り取る方法がおおいです。勿論そちらでも、問題ないのですが木の美しラインを表現するには1本の木を曲げるしかありません。その上、一本の木を曲げる事で強度もまします。只、この工程は時間もかかりますし、コストもかかりますが、本物を求めるため曲木にこだわりました。

●肘掛けのこだわり

手を置く場所。座り心地の次に大切です。握った感じ、木の肌の感じ、木の太さや長さなど。そこを細かく調整して、ベルクロートなりにベストな肘掛けが完成しました。

●最新AIでのバランス調整

ベルチェアーでは、幅や高さなどをこだわりました。人の体の重心のかかり方やバランスなど、細かく研究し、AIの判断と実験の繰り返しで、座り心地にこだわりました。

●折り畳み分解もでき、運搬がしやすい

大きい車での運搬であれば、簡単に折り畳み持っていく方が楽ですし、積載量が少ない車であれば、4本の木を外して頂くと縦長の収納になっりますので、持ち運びがしやすくなっております

ベルクロートの商品の最新記事8件